実印には規定のサイズがある

実印には規定のサイズがあります。

今日はこの話をしていきたいと思います。

実印を作るのにはまず印鑑の大きさを選びます。

サイズは色々とありますので、大抵の人は自分の趣向に合わせて選ぶのではないでしょうか。しかしここで注意しなければいけないのは、実印の場合は規定の大きさが決まってるということですね。規定の大きさというのは、各市町村で定められている印鑑条例によります。

規定のサイズといいますと、大体どこの市区町村でも8mmから25mmですが、これはあらかじめ確認しておかなければなりません。販売されている実印のほとんどはこの8mmから25mmのものばかりですので、サイズを確認した上で、それと同じサイズのものを買うようにしましょう。一般的なサイズといいますと、実印の規定は、8mmから25mmの間ですが、一般的に販売されてるサイズは13.5mmか18mmです。

実印の形はほとんどが丸印です。

認印の場合はどうでしょうか。認印というのもサイズが色々ありますが、一般的によく使用されているのは10.5ミリから最大でも13.5mmくらいです。

実印はよっぽどのことがない限り買い替えたりはしませんので、ある程度質の良いものを選ぶのが良いかもしれませんし、大きめのもの方が使い勝手が良いでしょう。自分の分身といっても良いほど、法的効力を持つこのハンコは重要なものです。

なぜ大きめの印鑑がいいのかといいますと、他の銀行員や認印と見分けがつきやすいなどの利点があるからです。

一度登録を行って様々な契約書類に捺印した後で、実印を作り変えるというのはとても大変なことです。

初めは小さいサイズの安価な印鑑を購入される人もいらっしゃいますが、後から作り変えるのが大変だということも考えて、検討された方が良いと思います。





Posted in 実印


Copyright © 実印駆け込み相談所 All right reserved.